conias -コニアス-|子どもの明日を守る養育費相談サイト|こにあす|

Child support養育費コラム

2018年03月29日

養育費は将来分まで一括請求できるの? 請求の根拠と基本を解説

夫婦が離婚した場合、子どもと一緒に暮らしていない親は、子供の養育費を支払う必要があります。養育費は毎月支払うのが基本ですが、離婚後の人生で何が起こるかわからない以上、将来分まで一括でもらいたいという人もいるでしょう。このような請求が可能なのかどうかを解説します。

 

養育費は原則月払い。大学進学など、必要に応じて追加で負担を求めることもできる。

 

養育費は月ごとの支払いが原則です。将来分を一括請求することは基本的にできません。なぜなら、養育費は子どもの生活のためのお金であり、その都度負担が発生し、支払いがされるべきものだと考えられているからです。

 

逆にいえば、想定していなかった金額を追加で請求することは可能です。離婚当初は大学進学の予定はなかったけれど、子供が望むので大学に通わせたいというのであれば、学費の負担について話し合いを求めることができます。

相手が同意すれば一括請求は可能。

 

もちろん、相手が同意さえすれば、原則にこだわらず一括で大金をもらうことも可能です。相手も今後の関わりを持ちたくないと思っているケースや、今後自分の収入が上がっていくことが予想される場合は、相手方にも一括で支払うメリットがあるかもしれません。

 

 

(この文章は弁護士監修のもと掲載されております)

人気の記事

養育費情報

詳しくはこちら

相談無料! 相談する

子どもの明日を守る養育費相談サイト