conias -コニアス-|子どもの明日を守る養育費相談サイト|こにあす|

Child support養育費コラム

2020年05月01日

相手方が年金受給者の場合、養育費はどうなる?

<執筆者:弁護士 生田秀>

相手方が老齢年金や障害年金等の公的年金を受給している場合、年金の受給権を差し押さえることはできるのでしょうか?

結論からいうと、できません。

公的年金の年金受給権は、差押えが禁止されているからです。

ただし、年金受給権自体は差押禁止債権であるものの、年金が銀行口座に振り込まれた後の預金については、預金債権を差し押さえることが可能です。

なお、年金保険等の公的年金以外の私的年金については、養育費債権に基づき差押をする場合、給付額の2分の1までの範囲で差押えができます。

他に差押えが禁止されている債権としては、生活保護や児童手当、児童扶養手当の受給権等があります。

新型コロナウィルス対策の特別定額給付金も、給付金を受ける権利を差し押さえることはできず、給付を受けた金銭を差し押さえることもできません(令和二年度特別定額給付金等に係る差押禁止等に関する法律)。給付金が銀行口座に振り込まれた後で、預金債権を差し押さえることは可能です。

人気の記事

法改正・時事情報

養育費情報

ご利用事例

登壇/活動報告

事務局からのお知らせ

詳しくはこちら

相談無料! 相談する

子どもの明日を守る養育費相談サイト