conias -コニアス-|子どもの明日を守る養育費相談サイト|こにあす|

Child support養育費コラム

2019年07月01日

【成功事例】調停2回で成立、8年前の口約束がようやく形に(離婚母子家庭)

【債権者のプロフィール】
女性(職業:パート)
対象児:13歳・17歳(回収成功時)
———————————————-

【コニアスへ相談するまでの経緯】
-今回養育費を請求した相手方について教えてください。
Cさん:2011年に1度目の離婚(今回の請求相手)、その時の子どもが現在13歳と17歳です。その後、再婚したものの2度目の離婚となりましたが、こちらの養育費は滞りなく支払ってもらっています。
今回請求した1度目の離婚相手は、離婚当時は口約束で養育費を決め、最初の3、4か月ほどのみの支払いで止まってしまいました。

-その後はどのような生活を送っていたのでしょうか。
Cさん:養育費ももらえず、働きたくても子どもが小さいので選択肢も限られている、厳しい生活を送っていました。今のパートタイムに就く前は、コンビニで働いていましたが、子どもが病気になると休むしかなく、結局続けることはできませんでした。
一時期は、住む場所も無く、親にも頼れなかったので友人にお金を借りたり。ストレスが積み重なってうつ病みたいになり、働けない時期もありました。今の職場では、子どもが体調不良のときも配慮してもらえて、本当に助かっています。

-養育費の請求について動き出したのはいつ頃からでしょうか。
Cさん:借りたお金をなんとか返済して少し気持ちに余裕ができたころ、今の勤め先の店長が、パソコンで「コニアス」を見つけてくれて、「ここに相談してみたら」と勧めてくれました。最初は、相手がどこに住んでいるのかも定かではなかったのですが、早速相手の居所を調査してくれて、本当にありがたかったです。
実は、コニアスへ相談する前にも地元の弁護士事務所にも相談していました。ところが、「請求しても費用倒れになるかもしれない」と、まずは自分が支払う必要のある費用の話ばかりで、親身になって話を聞いてもらえませんでした。また、遠方で調停になったら、私自身が出頭しなければならない、等、最初から諦めさせるような話が多く、辛い気持ちになりました。

【実際の流れ~弁護士との電話相談、そして調停(ご本人は不出頭)へ~】
住所調査の結果、相手方は転勤で神奈川から東北地方に引っ越したことが判明。コニアス登録弁護士は、残念ながら東北エリアは不在であるため、通常はここで断念。完全成功報酬のため、ここまでの費用は全て弁護士負担でCさんへの請求は一切発生しませんが、「ここで諦めたくない」と継続を強く希望されていました。
幸い、相手方の勤務状況から安定した収入があることが確認でき、さらに、調停では電話会議が認められ、例外的に対応を継続することができました。
結果としても、2回の調停で、主張通り年間96万で話し合いもまとまり、調停終了後すぐに20万円ほどの未払い分の支払いがありました。

-調停のとき、どんな心境でしたか。
Cさん:1回目の調停結果を聞いたときには、このまま話がまとまらなかったらどうなるのだろう、と正直不安になりました。ところが2回目でほぼ要望通り話がまとまり、驚きました。
相手は納得しているかわからないけど、以前相手に言われた「お金がないから払えない」は嘘だった、と改めて思いました。1〜2年前に子どもが相手方と会った時、「免許を取るならお金は払うよ」といった発言もあったと聞いていますが、結局それも嘘になってしまいました。

-実際に回収した金額が振り込まれたとき、どんな心境でしたか。
Cさん:昔は散々、相手と直接交渉をしていました。でも、当事者間だといつもうまく丸め込まれてしまい、いつの間にか離婚から8年も経ってしまいました。子どもが一度直接LINEで連絡したようですが、それにも返信はなく、子どもは「(父親は)愛情なんてない」と言っていたり。
それでも、弁護士のさんの力を借りて、ようやくきちんとした金額が決まって、8年近いやりとりに区切りをつけることができたことは、本当にホッとしました。

-今後の養育費の使いみちを教えてください。
Cさん:子どもたちの生活のために使わせてもらいます。成長して手がかからなくなった後は、お金がとてもかかります。子どもたちは本当によく食べるので、食費もかさんでいるし、部活を始めればすぐに2〜3万とんでいくような状況です。
金額よりも、ようやく区切りをつけることができた、そんな気持ちになれたことが心から嬉しいです。


今回は、調停での電話会議が認められましたが、同じようなケースでも認められない場合も多々あります。養育費の請求は、本当にケースバイケースです。
様々な状況にあるひとり親の方々の相談にお応えしていくため、各地域での登録弁護士を鋭意募集中です。ご関心のある方はぜひconias@navias-law.jpまでお問い合わせください。

人気の記事

ご利用事例

法改正

養育費情報

事務局からのお知らせ

イベント開催/登壇報告

詳しくはこちら

相談無料! 相談する

子どもの明日を守る養育費相談サイト